Category Archives : 比較

大手金融3社レイク、アイフル、プロミスを比較して見ました。

最近街なかの広告でよくみかける大手3社

キャッシングする時は突然とも言えますし
どの会社が自分にいいのか知っといても損はないはず

ふと疑問になったレイクってアイフルやプロミスと、どう違うんでしょうか?

この大手3社を比較してみましょう。

お金を借りると言えば、教育ローンや住宅ローン、マイカーローンなどの他に現代にはカードローンという商品があります。
銀行や信用金庫などの金融機関が取り扱うものと、消費者金融といった貸金業をしている会社が扱っているものとで
借り入れ金額やそれに伴う金利など、それぞれあり種類も豊富にあるのです。使い勝手が良いということはつまり
利便性がいいことでカードで有名なのがアコムです。そしてレイクについては他のカードローンをした場合とパターンが違います。

それはどこらへんなのか?というと

プロミスと言えば、SMBCコンシュマーファイナンスで扱っているキャッシングで、初めての利用であれば30日間の無利息期間が設けられています。
最大借入額が大口500万円で、金利は4.5%~17.8%となっており他者の18.0%とくらべて最高金利が低いです。
プロミス審査も比較的早いのが特徴です。

アイフルは、独立系のキャッシング会社で、特徴的なキャッシングプランを設けているわけではないのですが早めはやめの1秒審査があることや
配達時間えらべーる君でカードの時間指定が出来たりなど利用者に対して便利なサービスがあります。

そしてレイクは新生銀行で扱うカードローンで、こちらも無利息でキャッシングできるプランがあり30日間、または5万円までの借入れで180日間
で金利ゼロという無利息では最高の長い期間をだしており、借入れ限度額500万円、金利は最高でも18,0%という数字になっています。

借入れ金額や金利を比べてみてもプロミスとレイクにたいして違いはなく、アイフルやレイクにも目立った違いはないようです、少しプロミスの
最高金利が17.8%と低めのことでしょうか

ただ会社区分でいうと少し違いプロミスとアイフルは、それはどちらの会社も貸金業を営んでいる会社であるという点で、つまりどちらも消費者金融であるのです。

実はこれが、レイクがアイフルやプロミスと違う点で

レイクのカードローンは新生銀行が扱うもので、銀行法という基づいて設定されており、銀行系カードローンになるので総量規制に引っかからない所が
大きな点といえるでしょう。融資額を設定するときも100万~収入用紙を求められますが50万だと証明書がなくても融資額として設定可能
なのです。

またレイクも銀行系という特色がありますが、初めての利用者だけではなくて、
急いで融資を受けたい人にも優しいのが良い所と言えるでしょう。

特にインターネットで申し込みが完結することや、ウェブサイトでの契約であれば即日融資が可能な点も魅力的と言えます。
またマネーアドバイザーに相談ができるので、計画的に融資を受けることが可能となるのです。

他にもレイクのメリットとして
ATM手数料が無料という点でしょうか?

さすがは銀行系の会社であり、提携ATMが多い為
ほとんどのコンビニをカバーしています。

しかし、コンビニを代表する。提携ATMは別で

レイクはセブンイレブン等に設置のセブン銀行をはじめとして
ローソンATMやE-netなど提携ATMが手数料無料で利用可能です。

プロミスもローソン、ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートを
利用することで、返済手数料が0円で返済できます。

しかし、Loppi、Famiポートから発行される、
各種収納代行申込券を、レジで精算する形をとるので、
少し、面倒でしょう。

■2つの無利息ローン解説

新生銀行レイクのカードローンは初回限定サービスとして「30日間無利息」もしくは「180日間無利息」
サービスのいずれかを受けることが可能です。

30日間無利息サービスは借入額全額が対象で、5万円までの借入金額なら180日間無利息サービスが適用されます。

30日間の場合は融資額最大まで借り入れができそれを30日以内に返済できれば金利0という一般的なもの

180日間のサービスは正確に言うと5万円まで無利子であり、それ以上の借り入れを行った場合金利がかかります。

しかし5万を引いた額が金利で掛かるのであって無利息サービスは180日間有効です。

何回も出し入れできるため融通が効きます。

どちらのサービスにしても、期間内に全額返金できればカードローン唯一のデメリットである利息を支払わずに済みますから、
これまで利息がネックでカードローンを利用していなかった方のハードルも下がる筈です。

最近は女性専用サービスの新生銀行レディースレイクも人気を集めていますが、この無利息サービスはレディースレイクでも
提供されていますから今すぐお金が必要な女性たちの間でも既に評判になりつつあります。

どちらがお得なの?という方のために30日間無料サービスと180日間無料サービスで迷われる方が少なくありませんが、決めかねる時はサイトの「どっちがおトク?シミュレーション」が便利です。ぜひお試し下さい。

■ATM手数料が無料

レイクの場合は提携ATMも無料です。カードローンを選ぶ場合

金利ばかり比較し借りた後の事まで考えなければいけません。

けれどカードローンは融資を受ける時も返す時も、ATM手数料が馬鹿にならないのも事実です。

現行ATM手数料の場合1万以下が108円でそれ以上が216円となっております。

返済に10回かかるとしても216円*10回で2,160もかかってしまいます。

その点新生銀行レイクなら手数料として手数料として余計なお金を支払うことがありませんから

借りやすく返しやすいので納得できます。今ではネットも普及しているため店舗窓口まで足を運ばなくても

オンライン経由で申し込み手続きを終えることが可能ですし返済方法を複数の選択肢から選べる点も良いです。

カードが発行されたら新生銀行や新生銀行カードローン レイクのATM、提携コンビニのATMでもお金を引き出すことが可能です。

他にもセブンイレブンやローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サンクスなどが利用でき、
セブン銀行やローソンは24時間利用できるでしょう。

申込方法 営業時間 即日融資可能時間
インターネット 24時間 14時までに契約
自動契約機 平日・土曜8時45分~24時
日曜日・祝日8時45分~22時
8時45分~21時
診断時間 審査時間 融資時間
数秒 画面に審査結果を表示 契約後最短即日
借入限度額 実質年率 パート・アルバイト
500万円 4.5%~18.0% お申込み可
Back to Top